ビジネス実務与信管理検定試験 試験要項

ビジネス実務与信管理検定試験は、与信管理の実務技能を認定する技能検定試験です。
ビジネスパーソンとして業務上理解しておくべき基礎的な与信管理知識、リスクの発見と評価能力、一般的なリスクマネジメントの手法についての理解を問う試験内容で、1-3年程度の業務経験を有する審査部門ご担当者及び一般の社会人の方を対象とした資格試験です。

受験の申込み方法ビジネス実務与信管理検定試験試験を受験する

受験資格

  ビジネス実務与信管理検定 3級 ビジネス実務与信管理検定 2級
レベル 与信管理の必要性や目的を理解し、与信管理に関する用語が分かる 与信管理の基本的な知識を有し、一連の業務を理解し、実務的な問題を解決できる
技能の程度 ・与信管理の重要性を理解している。
・与信管理において重要となる要素のうち、基本的な要素(与信限度額の算出方法、与信限度期限の設定、社内格付の考え方等)を理解しており、業務として実践できる。
・与信管理の意識をもって、自社の取引を検討することができる。
・与信管理の重要性を十分に理解し、広く社内に説明し普及させることができる。
・社内の与信管理ルールの運用において、それぞれの手続の趣旨や必要性を十分に理解しており、他の社員に説明することができる。
・決算情報をもとに、財務指標分析を用いることで、取引先の信用力を計ることができる。
・与信管理の基本的な業務(与信限度申請、企業信用評価、契約内容の精査、社内の与信管理ルールの遵守、売掛債権等に対する一般的な保全・回収)を一通り理解し、実践できる。
・取引先の信用力や商流を意識した与信判断を行うことができる。
想定する受験者 部門を問わず、1-3年程度の業務経験を有する社会人全般 社会人全般及び1-3年程度の業務経験を有する審査部門のスタッフ、営業及びその他の部門において3ー5年程度の業務経験を有する社会人全般

※ビジネス実務与信管理検定試験3級、2級ともに、リスク管理情報研究所がその技能を有することを認定するもので、 履歴書等に保有資格として記載することができます。

受験料

  ビジネス実務与信管理検定 3級 ビジネス実務与信管理検定 2級
受験料 無料 3,000円(税別)

試験形式

  ビジネス実務与信管理検定 3級 ビジネス実務与信管理検定 2級
試験形式 CBTによる4択 CBTによる4択、一部記述問題
※CBT(コンピュータ・ベース・テスト)とは、インターネットを通じたテストシステムを使用した試験です。
受験会場/試験実施日時/申し込み期間 受験者のインターネットにつながるパソコンであればどこからでも受験が可能となっています。試験実施日時及び申し込み期間の設定はありません。
試験時間 30分 60分
出題数 40問 50問
合格基準 100点満点とし70点以上で合格
試験結果 試験直後に判明します。合格者には、合格証書が発行され、受験画面よりダウンロード、印刷することができます。
再受験について 1IDにつき合格するまで最大3回受験できます。合格した場合は、その時点で受験は終了となります。3回とも不合格となった場合には、再度メールアドレスをご登録いただき、新たにIDを取得していただく必要があります。  

ビジネス実務与信管理検定試験(2級)出題範囲と主な出題内容

与信管理に関わる基礎知識を問う問題と基礎的なケーススタディ問題を出題します。

出題範囲 主な出題内容
与信管理の基礎 倒産の種類と形態
焦付の影響
取引、決済条件の基礎知識
信用情報の収集 信用調査の知識
登記簿からの情報収集
ホームページからの情報収集
財務分析・定性分析 決算内容の知識
財務指標分析
定性情報分析
与信管理制度の構築と運用 与信限度の設定方法
格付の設定方法
与信管理規程
契約法 契約の必要性
取引基本契約
契約締結の知識
債権保全と債権回収 債権保全の方法
担保
緊急時の回収

ビジネス実務与信管理検定試験(3級)出題範囲と主な出題内容

出題範囲 主な出題内容
与信管理の基礎 倒産の種類と形態
焦付の影響
取引、決済条件の基礎知識
信用情報の収集 信用調査の知識
登記簿からの情報収集
ホームページからの情報収集
財務分析・定性分析 決算内容の知識
財務指標分析
定性情報分析
受験の申込み方法ビジネス実務与信管理検定試験試験を受験する
与信管理お役立ち らくらく与信ナビ 請求の助 企業なんでも診断 アプリ 与信管理教室
最新情報はこちら
与信試験情報 twitter
Pagetop