導入事例 A社

A社
  • 事業内容:総合商社
  • 従業員数:700名

与信管理資格試験導入のきっかけを教えてください。

当社では、取引を開始するに当たり、審査部が取引先の決算書分析や不動産担保評価など行っております。審査部員には社内で審査ノウハウを教育していますが、その習熟度を計る方法がなく、昇級や昇格などに対するスタッフの評価が主観的であったことが課題でした。リスクモンスターからの案内で与信管理資格試験の存在を知り、自社の与信管理教育にはうってつけだと思い、導入を決断しました。

与信管理資格試験の活用方法を教えてください。

審査部員に対しては、配属後2年以内にビジネス実務与信管理検定1級(全科目)合格を目標として設定しています。
また、他部門においても管理職への昇格要件として、簿記検定やビジネス実務法務検定に加えて、ビジネス実務与信管理検定2級合格を設定しております。

リスク管理情報研究所より

ビジネス実務与信管理検定試験をご活用いただき、ありがとうございます!
貴社のように、当検定を社内評価制度として組み込みたいとご相談を頂く企業様が大変増えております。団体受験(会社申込)もご用意ございますので、ぜひご検討ください。

団体受験(会社申込)はこちら

最新情報はこちら

与信試験情報 twitter

与信管理お役立ちサイト

アプリ

最新情報はこちら

Pagetop